コンテンツへスキップ

横浜 息を呑む空間!装飾の大渋滞!コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリに入学してみた。

シェア:

横浜方面へ行ったので、念願のコーヒー大学院に入学してきました。大学院の校舎はとんでもなくゴージャスで息を呑むような、いや、むしろ息抜くまもないとんでもない空間でした。

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

スポンサーリンク

立地と歴史

1974年(昭和49年)創業、いや開校と言ったほうが正しいのかな。とにかく昭和真っ盛りの70年代から、ずっとこの地で美味しい珈琲を出し続けているコーヒー大学院ルミエール・ド・パリです。

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

なんと、横浜 黄色がポイント!ギャップ萌えなインテリアが最高にイケてる 純喫茶モデルと同じ年に創業なんですね。この頃は、横浜に限らず数多くの個性的な喫茶店が開店しています。

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

場所は、横浜スタジアムと隣接する横浜公園水の広場の目の前で、みなと大通りに面しています。

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

店構え

赤いテントと甲冑が目印のコーヒー大学院ルミエールドパリ。みなと大通りに面した入り口と、もう一つその脇道を入ったところから入る横の入り口と二つの入り口があります。横の入り口はスペシャルルームに直接入れる入り口です。スペシャルルームというネーミングですが、誰でも入れます。

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

店内

まだ先客のいないスペシャルルームに入ることができました。

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

驚いたのは、本当にとにかくスペシャルすぎることです。どこもかしこもゴージャス過ぎるのです。

何から触れていいのかわからないくらい床、壁、天井全てが一筋縄ではいきません。単一素材で完結している場所はひとつもなく、例えば床はタイルとカーペットの貼り分は当然として、小上がりになっている部分のタイルは模様付きで、他のタイルは大理石です。

壁はとにかく隙間なく装飾されてて、息抜く暇もありません。

猫足のコンソールにソリッドなデザインのダイソンのギャップ!▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

こちらは、モザイクで表現された蘭の花、横の壁はステンドグラス風のガラスの上にアイアンワーク、デコラティブなペンダントライト、円形の大理石テーブルに背もたれが個性的な椅子。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

天井は中央大テーブル上が最も凝っていて、ミラーばりの折り上げ天井から巨大なシャンデリアが下がっていますが、そのつり元の仕上げは、ゴブラン織調の布貼りです。

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

金のタイルにモザイクで表現されたお花の絵、周りは赤いデコラティブなタイルで縁取られ、巨大なカメオのようなレリーフに、シャンデリア、天井は鏡面、ソファはボタンタフィティング仕上げです。どうですか?もう装飾の大渋滞を引き起こしていますよね。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

とにかく、すごい装飾の嵐、そしてヨーロピアンな風も吹いているけれど、やっぱり無国籍、いや多国籍なのかな?想像以上のすごい内装に何も食べなくても満腹になりそうでした。

メニュー

装飾の大渋滞を引き起こしているコーヒー大学院ルミエール・ド・パリですが、メニューは割と普通の喫茶店でした。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

コーヒー大学院ですから、コーヒーには当然こだわりがあります。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

こちらは少しスペシャルなメニューもあるページです。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

かなり年季の入ったメニューです。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

ケーキだって種類が豊富です。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

上から貼られた手書きの注意書きもかなり年季が入っていますね。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

フードメニューも充実しているので、近隣のサラリーマンの方々が普通にランチに来ていたりします。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

ランチメニューには全てコーヒーがついてきます。

オーダー

お昼時の訪問だったので、スペシャル手作りハンバーグライスにしてみました。コロンとした手作りハンバーグはデミグラスソースたっぷりで美味しい。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

こちらはスパゲッティミートソースです。ミートソースが別に提供されるので、自分でミパスタにミートソースをかけていただきます。結構ボリュームあって、これなら男性でも満足ですね。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

食後のホットコーヒー。ここのホットコーヒーは、通常1杯に約10gの豆を使うのですが、その倍の20gの豆を贅沢に使っているので、とっても濃いのです。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

ポイント

とにかく、内装のゴージャスさは、上野の高級純喫茶古城に並ぶスペシャル感があります。床壁天井、目に入るもの全てに過剰なまでの装飾が施されています。今時はどこもかしこもモルタルやモノトーンで無機質な空間のカフェも増えてきていますが、ここはそんな時代の流れなんて関係ありません。

真っ赤なベルベット貼りの食器棚は驚きました。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

こちらは、みなと大通りに面している方の店内の様子です。斜めになった金色の窓上の壁に掛けられた絵画がすごいですね。▼

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

店名もさることながら、超個性的な内装は一見する価値ありです。勝手に喫茶遺産認定です。

本当に息を呑む空間の大学院でした。また、入学したい。

基本情報

店名 コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ
住所 神奈川県横浜市中区相生町1丁目18 MAP
最寄駅 関内駅徒歩約5分、日本大通駅徒歩約4分
定休日 日曜
営業時間 10:00 – 18:00 
禁煙・喫煙 全席禁煙

営業時間、定休日などは変更になる可能性があります。

シェア:
スポンサーリンク
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク